VCoord Project MTG #1

12月2日(水)夜、Code for Tokyoの新しいプロジェクト「ボランティアコーディネーションプロジェクト (VCoord Project) 」の初回ミーティングを新宿3丁目のカフェ「salo cafe」で開催します。VCoord Projectは、ボランティアコーディネータ支援システムをオープンソース・ソフトウェアとして開発するプロジェクトです。

ボランティアコーディネータ支援システムは、外国人観光客とボランティアガイドをマッチングするボランティアコーディネータの作業を軽減し、三者の利便性と満足度を高めることを目的としています。開発には主にJavaScriptを利用したいと考えています。

日時: 12月2日(水)19:30~21:00
会場: 新宿の森 salo cafe (予定)
   http://www.salocafe.com/
   東京都新宿区新宿3-9-4増蔵ビル3F
参加費: 無料。飲食代実費

アジェンダ:
1. 世話人からプロジェクトの概要説明
2. 各自の自己紹介
3. 今後の進め方について討論
※時間に余裕があれば開発環境のデモをします。

会場は予約をしていないので、もし入店できなくて会場が変更になった場合はイベントページで告知します。参加される方はFacebookイベントページで参加表明をお願いします。
皆さんのご参加をお待ちしています。

◇VCoord ProjectのFacebookページ
https://www.facebook.com/groups/vcoord/

VCoord Project世話人
山田順二

ボランティアコーディネータ支援システム開発の仲間募集

Code for Japan Summit 2015、11月7日のブース展示のために作成した資料を公開します。主に次のような内容を説明しています。

  1. 旅行者が日時を希望し、ボランティアがその日時に応募することで初めてボランティアガイドの予約が成立する
  2. ボランティアコーディネータの仕事が複雑で、やるべきことが多い
  3. ボランティアのシフト管理、病院などの予約受付のシステムはあったが、上記業務には使えない
  4. 三者調整のできるボランティアコーディネータ支援システムを開発したい
  5. 最新のウェブ開発環境 Meteor と自動コードジェネレータを使用して開発したい
  6. 一緒に取り組む仲間を募集中

ボランティアコーディネータ支援システムを作ろう

ボランティアコーディネーションプロジェクト(VCoordプロジェクト)は、ボランティアコーディネータ支援システムをオープンソース・ソフトウェアとして開発するプロジェクトです。
ボランティアガイドのコーディネートを長年やってきた経験から、旅行者とボランティアガイドのマッチングを行うことに大変手間がかかることが分かっていま す。2020年の東京オリンピックを控え、日本に来る外国人観光客数はこれからも毎年増加することが見込まれます。ボランティアガイドの需要も増えるでしょう。ボランティアコーディネータの作業はますます繁忙になります。
ボランティアコーディネータ支援システムはボランティアコーディネータの作業を軽減し、旅行者とボランティアガイドの利便性と満足度を高めることを目的としています。
開発ツールとして、JavaScriptでリアルタイム・ウェブアプリケーションを開発できるMeteorを活用したいと考えています。iPhoneやAndroidスマホ向けのアプリも開発できます。
VCoordプロジェクトでは、開発に参加していただける技術者、ユーザー、アドバイザーを求めています。一緒に作ってみませんか。

広島の平和公園を訪れた米国人大学生たち
広島の平和公園を訪れた米国人大学生たち